女性に嬉しいジャスミン茶の効果・効能

女性に嬉しいジャスミン茶の効果・効能


その香りのよさや風味から、ジャスミン茶は「花茶のクイーン」と呼ばれます。
ジャスミン茶は香りや風味だけでなく、色々な効果・効能があるので注目されています。
今回はジャスミン茶の効果・効能について紹介します。

ジャスミン茶とは

ジャスミン茶は特に有名なお茶のひとつ。
茶葉に「ジャスミン(ヤースミーン)」と呼ばれる花の香りを吸着させたお茶です。
ジャスミンは香りが強いことで有名な花で、日本でも「茉莉」という名前で昔から親しまれています。沖縄では「さんぴん茶」とよばれます。
質が悪くなってしまった茶葉を美味しく飲むために、風味や香りをつけたのがはじまりです。
飲むとさわやかな気分になり、様々な効果もあったことから、中国では昔から「不老長寿の妙薬」として親しまれています。

ジャスミン茶のベースになる茶葉は緑茶が多いですが、ジャスミンの強い香りは茶葉の味を邪魔することがないので、ウーロン茶などの場合もあります。
一見するとジャスミンの香りをつけたフレーバーティーのように思いがちですが、様々な効果・効能が期待できる優れたお茶です。

ジャスミン茶の効果・効能

ジャスミン茶はただ香りがいいだけでなく、美肌効果やダイエット効果があります。
ひとつずつ見ていきましょう。

美肌効果

ジャスミン茶には、ビタミンEやビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンEとビタミンCには、人体が活動するうえで、どうしても発生してしまう「活性酸素」から細胞や血管を守り、若々しく保ってくれる「抗酸化作用」と、肌の代謝を促して健康的な状態に保ってくれる効果があります。
特にビタミンCの量は、ジャスミン茶3杯でリンゴ1個に相当するので、かなり豊富に含まれているといえます。
ジャスミン茶は飲んでいるだけで、自然と肌の状態が良くなっていきます。

ダイエット効果

ジャスミン茶に含まれる「カフェイン」と「タンニン」はダイエット効果があります。
カフェインは脂肪を分解する酵素の「リパーゼ」を活性化させ、脂肪をエネルギーに変化させていきます。

渋味成分であるタンニンは、食べ物の脂肪の吸収を抑制したり、体の代謝を上げる効果で脂肪が燃えやすい状態にしたりします。
ダイエット効果を感じたい人は食事中と食後にジャスミン茶を飲むようにしましょう。

ホルモンバランスの改善

ジャスミン茶には、女性は特に気をつけたいホルモンバランスを整える効果があります。
ホルモンバランスの乱れが原因で起こる生理不順やPMSなどを改善していくのです。

ホルモンバランスの乱れは肌荒れにもつながるので、ジャスミン茶は多角的に肌の状態をよくしていくともいえます。

リラックス効果

ベンデルアセデートとリナロールというジャスミン茶に含まれる成分には、自律神経の緊張状態を緩和する効果があり、ストレスの軽減とリラックス効果が期待できます。
ジャスミン茶のさわやかな香りと風味も気分転換に最適です。
工芸茶としてつくられたジャスミン茶なら見た目も華やかなので、視覚的にも癒されます。

口臭予防

料理によってはニンニクなどのにおいの強い食材を大量につかう中華料理には、ジャスミン茶は欠かせない存在です。
食後にジャスミン茶を飲むことで気分がさっぱりとするだけでなく、抗菌作用と消臭作用で口臭を予防する効果があります。

また、体臭の改善もできるので、においが気になってしまう人はジャスミン茶を食後や日常的に飲んでみることをオススメします。

二日酔いの改善

頭痛や吐き気を伴う辛い二日酔いにはジャスミン茶が最適です。
豊富に含まれるビタミンCは、アルコールを分解する際に生成される「アセトアルデヒド」の分解を促進する働きがあります。
他にもタンニンがアルコールの吸収を抑制したり、カフェインの利尿作用でアルコールを体外に排出しやすくしたりといった効果もあります。

おわりに

今回はジャスミン茶の効果・効能について紹介しました。
ジャスミン茶は、ただ香りづけをしただけのお茶ではありません。
色々な効果が期待できるので、ジャスミン茶の香りや風味を楽しみながら健康を目指してみましょう。