疲れた身体にオススメ!ほうじ茶の効果・効能

疲れた身体にオススメ!ほうじ茶の効果・効能


すっきりとした飲み口と、赤みがかった色が特徴的なほうじ茶は昔から親しまれてきました。
最近は色々な効果・効能が研究され注目度も高いです。
今回はほうじ茶の効果・効能について紹介します。

ほうじ茶とは

ほうじ茶は緑茶を焙煎したお茶です。
焙煎したことで苦みや渋味の原因であるタンニンが壊れるので飲みやすく、口当たりがよいです。
また、カフェインなどの刺激が強い成分も熱でとんでいるため、体に優しいお茶でもあります。

一般的には番茶や煎茶を焙煎したものをほうじ茶とよびますが、地方によってはほうじ茶も含めて番茶とよぶこともあり、地方ごとに違いがあります。
扱いも地域や場面によって変わり、一般的には高級なお茶ではないとされますが、懐石料理屋で食事中に出されることもあります。

ほうじ茶の効果・効能

ほうじ茶は加熱したことで飲みやすくなっている反面、タンニンなどの成分が壊れてしまっているため、効果が期待できないイメージがあります。
しかし、ほうじ茶は実際には様々な効果・効能が期待できるお茶です。

美容効果

ほうじ茶はビタミンCとビタミンEを含んでいます
肌にハリや潤いを与えることで有名な「コラーゲン」は体内の酵素の働きで生成されます。
ビタミンCはこの酵素の働きを助ける効果があり、コラーゲンが増えることでみずみずしい肌になります。

また、ビタミンEは抗酸化作用があります。
人間の体内で生成される活性酸素は老化や病気の原因となります。
抗酸化作用のある成分は、活性酸素から細胞を守り、健康的な状態を保ってくれます。特にビタミンEは抗酸化作用が強いため、「若返りビタミン」ともいわれます。

リラックス効果

日光によく当たって育った茶葉には「テアニン」が豊富に含まれています。
テアニンはお茶の旨み成分で、リラックス効果が高い成分です。

ほうじ茶は茶葉を焙煎するので、熱に弱いテアニンは焙煎の時点で壊れてしまいますが、覚醒状態や興奮状態にするカフェインも同時に壊れます。
テアニンは他の緑茶よりも少量ですが、カフェインの量も少ないので、テアニンのリラックス効果をより感じやすいと言えるでしょう。
ストレスで疲れているときは、ほうじ茶でリラックスをすることがおすすめです。

消臭効果

ほうじ茶には「クロロフィル」という成分が含まれています。
クロロフィルは口臭対策のサプリメントなどにも含まれている成分で、食後にほうじ茶を飲むことで口臭予防になります。
変わった活用法としては、ほうじ茶をタオルや雑巾にしみこませて匂いの気になる所を掃除すると、消臭効果が長続きします。

また、クロロフィルは発がん防止効果が期待されている成分でもあります。
がんの原因と考えられている染色体異常を抑制する効果が報告されているので、近年注目されている成分です。

抗炎・アレルギー効果

お茶類全般に含まれる「カテキン」には前述の抗酸化作用に加えて、抗炎症効果と抗アレルギー効果があります。
アトピー生皮膚炎やアレルギー性鼻炎をはじめとするアレルギー反応は「ヒスタミン」という成分が原因となっています。
カテキンはヒスタミンの働きを抑制し、強い抗アレルギー効果があるとされています。

カテキンはほかにも殺菌作用や脳卒中の予防など色々な働きをする成分です。
特に殺菌作用はインフルエンザウイルスにも有効だといわれているので、とても優れた成分です。

おわりに

今回はほうじ茶の効果・効能について紹介しました。
普通のお茶に比べると、ほうじ茶は茶葉を焙煎する過程で成分を損なっていますが、飲みやすさやテアニンを効果的に摂取できるなどの強みがあります。
また、特別注意しなければいけないことや、大量に摂取しても副作用が確認されていないので、オススメのお茶です。