体質改善にオススメ!ルイボスティーの効果・効能

体質改善にオススメ!ルイボスティーの効果・効能


独特の赤さと風味が特徴のルイボスティーは、効果・効能も緑茶や紅茶とは一味違います。
どういった効果・効能があるのでしょうか。
今回はルイボスティーの効果・効能について紹介します。

ルイボスティーとは

ルイボスティーは緑茶や紅茶とは違い、茶葉ではなくマメ科の低木「ルイボス」という植物から抽出されます。
ルイボスは乾燥していて、温度差が30℃以上ある高い場所を好む変わった植物で、南アフリカのセダルバーグ山脈一帯にだけ自生しています。他の地域での栽培はことごとく失敗しています。
南アフリカでは昔からルイボスティーは愛飲されていて、「不老長寿のお茶」や「奇跡のお茶」などとよばれていました。

20世紀にロシア移民であるベンジャミン・ギンズバークが、ルイボスティーを飲用している部族がほかの部族よりも健康的であることを発見し、ルイボスティーの作り方や加工方法などをヨーロッパ諸国に紹介しました。
以来、ルイボスティーはヨーロッパを中心に世界中に輸出されるようになりました。
近年では研究が進み、様々な効果・効能があることや、ノンカフェインで誰でも飲めることから注目されています。

ルイボスティーの効果・効能

ルイボスティーには体質改善を中心に、効果・効能がたくさんあります。

抗酸化作用

ルイボスティーには高い抗酸化作用を発揮する「SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様物質」が含まれています。
抗酸化作用とは活性酸素から細胞を守り、健康な状態を維持する作用です。
活性酸素は人間が生きていくために必要な酸素を燃焼させたときに生成される物質で、細胞にダメージを与え、老化や病気などの原因になります。

また、ビタミンC、カリウム、マグネシウムといった美容には欠かせない成分もルイボスティーには入っています。
肌荒れの改善をはじめ、様々な美容効果が期待できます。

抗アレルギー作用

ルイボスティーは花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー諸症状を抑制する効果があります。
これは、前述のSOD様物質が抗炎症作用があることと、ルイボスティーにステロイドのような抗アレルギー作用があるためだと考えられています。
アレルギー反応を抑えたいけど、ステロイドを使用するのは不安という人にはルイボスティーの常飲がオススメです。

便秘改善効果

便秘はストレスや食生活の乱れで、悪玉菌が増加して腸内環境が悪化することが原因です。
ルイボスティーには悪玉菌と善玉菌のバランスを保ち、腸の働きを正常化させる効果があります。

さらに、便秘に効果的なマグネシウムも含まれています。
マグネシウムは水分を集めて便を柔らかくして排出されやすい状態にしていきます。
ルイボスティーはノンカフェインなので、胃腸に負担をかけずに便秘の改善を期待できるでしょう。

むくみ改善効果

デスクワークしているときのように長時間同じ姿勢でしると、足などはパンパンにむくんでしまいます。
足の筋肉は血液を上半身に送り返すポンプのような役割を担っていますが、長時間同じ姿勢で足を動かさないと血液が溜まりやすくなり、むくみの原因になります。
この場合は適度にストレッチなどをすれば改善されますが、むくみはミネラル不足や水分不足でも引き起こされます。

ルイボスティーにはミネラル分が豊富に含まれていて、水分不足とミネラル不足を同時に解決できます。
また、腎臓にミネラル分が作用して、老廃物の排出を促進するデトックス効果もあるので、むくみの対策としてはかなり優秀です。

おわりに

今回はルイボスティーの効果・効能について紹介しました。
ルイボスティーは緑茶や紅茶に比べると馴染みがないかもしれませんが、抗アレルギー作用などがあるので体質改善に役立ちます。
気になる人はぜひチェックしてみてください。