ビタミンの宝庫!アセロラジュースの効果・効能

ビタミンの宝庫!アセロラジュースの効果・効能


アセロラジュースは飲料メーカーが普及させたこともあって、日本でもお馴染みの飲料となっています。
よく宣伝されているのは「レモンの○○個分のビタミン」や、「ビタミンの王様」などですが、どういった効果が期待できるのでしょうか。
今回はアセロラジュースの効果・効能について紹介します。

アセロラジュースとは

アセロラジュースはアセロラの実を加工してつくられる飲料です。
アセロラの実は完全に熟してしまうと傷みやすくなるため、まだあまり熟れていない未熟果が一般的には使用されています。
原産国は西インド諸島やアメリカですが日本でも沖縄県で栽培され、国内の飲料メーカーがアセロラジュースに加工しています。

アセロラの最大の特徴はビタミンCの含有量です。
アセロラの実は食べることができる部分だけで、約1,000~2,000mgものビタミンCが含まれています。レモンをはじめとする柑橘類の10倍の含有量に相当します。
ビタミンCが豊富に含まれる理由としてはアセロラの生育には日光が不可欠で、太陽光のなかでも人体にも影響を及ぼす紫外線から身を守るためとされています。
そのビタミンを豊富に含んでいるアセロラの実を加工しているので、アセロラジュースには大量のビタミンCが入っています。

アセロラジュースの効果・効能

アセロラジュースはビタミンC以外にもたくさんの栄養が含まれているので、健康効果が高い飲料です。
飲用することで表れる効果は以下のようなものになります。

視機能の向上

アセロラジュースにはブルーベリーなどにも含まれている「アントシアニン」があります。ブルーベリーの青紫色やアセロラの赤い色を構成している色素です。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、ビタミンCと同様に紫外線から細胞を守る働きがあります。

代表的な効果としては「視機能の向上」が挙げられます。
人間の目には「ロプドシン」という光を受け取り、脳へ信号として伝えるたんぱく質があります。
このロプドシンは一度光を受けると分解され、再合成されるという性質がありますが、アントシアニンはこのロプドシンの再合成を促進し、視覚機能を補助してくれる性質があります。
デスクワークなどで目を酷使している人は積極的に摂取しましょう。

血流改善

アセロラには「カリウム」と「ケルセチン」という成分が入っています。
カリウムは体内にある余分なナトリウムを体外に排出する効果があり、高血圧を予防できます。
また、ケルセチンは玉ねぎに多く含まれる成分で、血流をサラサラにし、動脈硬化を予防する働きがあります。
塩分の多いものや脂っこいものを食べたときは、アセロラジュースで血流を改善しましょう。

ビタミンCの効果

くどいようですが、アセロラジュースには豊富にビタミンCが含有されています。
ビタミンCには紫外線への対抗以外にも色々な効果があります。

  • 病気を予防する

ビタミンCは体の免疫力を高め、風邪や感染症を予防してくれます。

  • 美肌効果

メラニンの生成を抑制し、肌の色素沈着を未然に防いでくれます。
また、ターンオーバー(新陳代謝)を促進し、ニキビなどの肌トラブルを抑制できます。

  • コラーゲンの生成

美肌には欠かせないコラーゲンの生成に必要な酵素の働きを促進します。
コラーゲンは肌以外にも骨・筋肉・血管などの素材なのでなくてはならない存在です。

注意点

ビタミンCは「水溶性ビタミン」に分類されます。
そのため、体から排出されやすいので積極的に摂取しましょう。
一方で、一度に大量に摂取すると下痢や胸焼けなどを引き起こす事例もあります。
適量を毎食摂取できるように心がけましょう。

おわりに

今回はアセロラジュースの効果・効能について紹介しました。
アセロラジュースは健康を整える効果が極めて高い飲料です。
積極的に飲むようにしましょう。