ダイエットの味方になる?プーアル茶の効果・効能

ダイエットの味方になる?プーアル茶の効果・効能


プーアル茶は、ダイエット効果があるとして最近注目されています。
ダイエット効果はどれくらい期待できるのでしょうか。
今回はプーアル茶の効果・効能について紹介します。

プーアル茶とは

プール茶は緑茶をコウジカビで発酵させた「熟茶」と、経年で熟成した「生茶」の2種類に分かれます。
濃い色が出るのが「熟茶」なので、一般なプーアル茶のイメージは熟茶です。
生茶のプーアル茶は経年により香りや風味が変化していきますが、熟茶のプーアル茶には独特の香りや風味があり、苦味が強いので好みがはっきり分かれます。

最近では香りや風味だけではなく、プーアル茶の持つ優れた効果・効能を目当てに飲み続けている人もたくさんいます。
プーアル茶にはどういった効果が期待できるのでしょうか。

プーアル茶の効果・効能

プーアル茶には様々な効果・効能が期待できます。

冷え対策

ポリフェノールの一種である「タンニン」は血流を促進する働きがあります
血流が悪くなり、体が冷えやすくなってしまうと様々な疾病のリスクが高まります。
タンニンを多く摂取することで血流がよくなり、体があたたまり、脂肪の燃焼にもつながります。

脂肪排出

プーアル茶に含まれる「重合カテキン」はお茶の発酵が進行していく段階でカテキンが変化し、より強力な成分になった状態です。
通常のカテキンよりも脂肪や糖をゆるやかに吸収する力や、体内に蓄積された脂肪を排出する力が強くなっています。
この重合カテキンの効果がダイエットに効果的と言われています。

腸内環境の改善

重合カテキンには腸の働きを活性化させる効果があります。
腸の働きが活性化することで老廃物や毒素が排出されやすくなり、便秘の改善につながります。

毒素や老廃物が排出されやすくなると、ニキビなどの肌トラブルも少なくなります。
肌の状態もよくなっていくので、美肌効果も期待できます。

抗酸化作用

タンニンと重合カテキンを含んでいるプーアル茶は、「抗酸化作用」も期待できます。
人間の体は活動するには酸素が必要になります。
酸素を体内で燃やしてエネルギーにする際には細胞や血管を傷つけ、動脈硬化を引き起こす原因となる「活性酸素」が発生します。
この活性酸素を抑制するのが抗酸化作用で、アンチエイジングともいわれます。

プーアル茶ダイエット

プーアル茶ダイエットは食事中・食後にプーアル茶を飲むだけの簡単なダイエットです。
前述のとおり、プーアル茶の脂肪や糖、油分の吸収をゆるやかにし、脂肪の排出を促す効果があります。
冷たいものではなく温かいものを飲むことで血流がよくなり、代謝が向上するので脂肪が燃えやすくなっていきます。
体に吸収されやすくもなるので、温かいプーアル茶のほうが高い効果が期待できます。

注意点として、空腹時にプーアル茶を飲むと胃痛、下痢、胃もたれの原因になることもあります。
さらに、空腹時に飲みすぎてしまうと胃に穴があいてしまう場合もあります。

ダイエット効果のほどは

実は、プーアル茶単体では大きなダイエット効果が実感できた人はあまり多くないようです。
他のダイエットと併用することで、高いダイエット効果が期待できるようです。

一方で、体の毒素や老廃物を排出するデトックス効果や、腸内環境を改善する効果はかなり実感している人が多いようです。
美容効果やデトックス効果を目的として、ほかのダイエットと合わせて行うと効果的とされています。

おわりに

今回はプーアル茶の効果・効能について紹介しました。
独特の風味や香りが慣れるまで苦手に感じる人も多いとされていますが、美容効果やデトックス効果はかなり期待できます。
健康のためにもプーアル茶を試してみてはいかがでしょうか。